【塗料説明】下塗り材(シーラー・フィラー・エポキシ)について

query_builder 2022/07/01
都筑区_外壁塗装

下塗り材説明シーラー・フィラー・エポキシとは
みなさんこんにちは!
今回は下塗り材について説明していきたいと思います!
下塗り材には、シーラーのほかにもフィラー、エポキシといった種類があります!
まず最初にシーラーの説明をしていきたいと思います!

外壁や屋根の塗装工事を行う際には、下塗り・中塗り・上塗りの3回に分けて施工するのが基本となっています。

適切な乾燥期間を設けながら3回重ねて塗ることによって、外壁や屋根を紫外線や風雨から保護する丈夫な塗膜を作るのです。

シーラーは、この3回塗りにおける「下塗り」に該当する作業で用いられる塗料です。
シーラーは、塗装面の細かいひび割れを補修したり、塗装面が上塗り材を吸い込むことを抑制したりする役割を持ちます。

コンクリート面や石膏ボード面、モルタル面など、さまざまな種類の塗装面に対して施工できます。
また、シーラーの工程を省略すると、塗膜がすぐに剥がれてしまったり、色ムラが目立ってしまったりする可能性もあります!

次はフィラーについて説明していきます!


フィラーとは、主にモルタル壁やコンクリート壁のひび割れを埋めたり、凹凸をなくして平らにしたりする塗料のことです。


モルタル壁やコンクリート壁のひび割れを埋める際は、微弾性フィラーが多く用いられます。

微弾性フィラーは弾性が高いため、下地が動いた場合でも塗膜までひび割れることは少ないのです。

フィラーにもさまざまな種類があるため、塗装業者とも相談しながら、塗装面の素材や状態に合わせて最適なものを選ぶことが大切となります!

次はエポキシ材について説明していきたいと思います!


エポキシ樹脂を用いた合成樹脂塗料の総称。エポキシ樹脂を特殊変性剤を用いて高分子量化、高機能化した変性エポキシ樹脂を用いる変性エポキシ樹脂さび止めペイントは、優れた防錆能力と付着性を有し、基本的には、さび止めペイントの主流となっています!


防食性が高く付着力が強いため下塗り材で使用されることが多い塗料です。その他、防錆性や硬化剤が使用された塗料であれば速乾性に優れています。

今回は下塗り材について説明していきました!


横浜市港北区・都筑区で外壁・鉄部塗装の案件がございましたら、いつでもお問い合わせください!

----------------------------------------------------------------------

株式会社創景

住所:神奈川県横浜市港北区新吉田町5157-2

電話番号:045-548-9027

----------------------------------------------------------------------

NEW

VIEW MORE

CATEGORY

ARCHIVE

TAG